• トップページ
  • メインコンテンツへ
  • 山口県立美術館

  • Yamaguchi Prefectural Art Museum
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
山口県立美術館トップ > 美術館について

美術館について ABOUT THE MUSEUM

山口県立美術館は、「山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館」「県民が参加する開かれた美術館」を基本方針に掲げ、1979(昭和54)年に開館しました。
以来、県内の美術文化醸成の場となることをめざして、中世大内文化以降の郷土文化の掘り起こしや、本県ゆかりの作家を取り上げる特色ある企画展を開催するとともに、古今東西のさまざまな美術・文化を紹介する展覧会も行ってきました。
開館以来30年以上を経て2011(平成23)年度に行った改修工事では、ロビーをより開放的な空間に整え、展示室の模様替え、ミュージアムショップの拡充、講座室や敷地内遊歩道の整備などを行い、より親しみやすく気軽に利用できる文化施設に生まれ変わりました。
今後もコレクション展・特別展を一層充実させ、多様な美術講座、講演会、ワークショップなどを開催しながら、郷土やまぐちの新しい美術文化の創造拠点になるような美術館活動をめざします。

施設概要 OUTLINE

所在地 山口県山口市亀山町3番1号
敷地面積 11,618.330 平方メートル
建物概要 構造 鉄筋コンクリート造/地下1階・地上2階/一部鉄骨造
建物面積 4,704.59 平方メートル
建物延面積 7,073.37 平方メートル
設計 鬼頭梓建築設計事務所

沿革 HISTORY

昭和49年11月 山口県立美術館建設基本方針を策定
   52年3月 建設用地取得
   52年8月 起工式 着工
   53年4月 美術館開設準備室を設置
   54年3月 竣工式
   54年4月 山口県立美術館条例施行
   54年10月 開館(10月7日)
平成元年3月 収蔵庫増設工事 完工
   19年4月 組織改変に伴い知事部局へ移管
   23年4月 指定管理者制度導入(サントリーパブリシティサービス(株))
   24年4月 改修工事 完工  

お問い合わせはこちら