• トップページ
  • メインコンテンツへ
  • 山口県立美術館

  • Yamaguchi Prefectural Art Museum
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
山口県立美術館トップ > 展覧会 > 開催中のコレクション展

開催中のコレクション展 COLLECTION EXHIBITION IN SESSION

雪舟流 ―《山水長巻》と雲谷派― 展示室A

  • 開催期間 : 2022年9月16日(金) 〜 10月16日(日)

    桃山時代から江戸時代中期にかけ、雪舟の国宝「四季山水図巻(山水長巻)」(毛利博物館蔵)を管理し、雪舟流を継いだ萩藩お抱え絵師・雲谷派。《山水長巻》を学習し、狩野派とは異なる展開を見せた、初代・等顔と2代・等益、および萩藩毛利家旧蔵・伝雪舟の3つの「山水図屏風」を紹介します。

    【展示作品リスト】

    01:雲谷等顔《山水図屏風》桃山時代 紙本墨画淡彩
    02:雲谷等益《瀟湘八景図屏風》江戸時代・17世紀 紙本墨画淡彩
    03:伝雪舟《山水図屏風》江戸時代 紙本墨画淡彩

  • 雲谷等益《瀟湘八景図屏風》(右隻)山口県立美術館蔵 3441

    雲谷等益《瀟湘八景図屏風》(右隻)山口県立美術館蔵

パノラマ山水長巻 デジタル映像による国宝・四季山水図 展示室B

  • 開催期間 : 2022年9月16日(金) 〜 12月11日(日)

    毛利博物館所蔵の《国宝・四季山水図(山水長巻)》を7.5倍に拡大し、約10メートルの壁3面に投影したパノラマ映像による山水長巻(縦3m)。大きなスケールで、雪舟ならではの筆さばきをお楽しみ下さい。

  • ※ 風景写真 (展示室内の様子) 10667

    ※ 風景写真 (展示室内の様子)

香月泰男の造形の軌跡-1930~1950年代- 展示室C

  • 開催期間 : 2022年9月16日(金) 〜 10月16日(日)

    太平洋戦争とシベリア抑留の体験を絵画化したシベリア・シリーズで知られる香月泰男(1911-74)。1936年に東京美術学校を卒業した香月は、従軍と抑留によって画業の中断を余儀なくされながらも、1950年代末に独特の画風を確立するまで試行錯誤を続けました。本展では、初期のシベリア・シリーズも交えて、1930~50年代の画業の変遷をご紹介します。

    【展示作品リスト】

    01:《風景》1936年 油彩/カンヴァス
    02:《裸婦》1930年代前半 油彩/カンヴァス
    03:《ホロンバイル》1944年 油彩/麻布
    04:《施療》1947年 油彩/カンヴァス
    05:《牛》1948年 油彩/カンヴァス
    06:《休憩》1947年 油彩/カンヴァス
    07:《幼鷲》1948年 油彩/カンヴァス
    08:《埋葬》1948年 油彩/カンヴァス
    09:《自影》1949年 油彩/カンヴァス
    10:《馬鈴薯》1953年 油彩/カンヴァス
    11:《とまと》1950-55年  油彩/カンヴァス
    12:《えび》1955年 水彩・鉛筆/紙
    13:《桃》1955年 水彩・鉛筆/紙
    14:《野いばら》1955年 水彩・鉛筆/紙
    15:《太陽と自転車》1955年 墨・クレヨン/紙
    16:《左官》1956年 油彩/カンヴァス
    *04、05、09、12、13、14、15は山口県立美術館寄託品です。

  • 香月泰男《埋葬》1948年  油彩/カンヴァス 山口県立美術館蔵 662

    香月泰男《埋葬》1948年  油彩/カンヴァス 山口県立美術館蔵